コンセプト・いしかわ応援プロジェクト

ガイネ

 「石川県内の伝統文化やすばらしい施設を再発見する」をテーマに活動しています。 新しい建造物や便利なものが増えていく中で、歴史のある石川を絵本を通して子どもに知ってもらい、さらにその親の世代にも再認識してもらう取り組みとしてはじめました。
特にこれからの石川を支える子どもたちに県内の素晴らしい施設の存在を知ってもらい、そこでの楽しい思い、興味、学びの機会を得てほしいと願っています。

いしころガイネ・プロフィール

石川県の地名の由来が『石の多くながれる川』からきており、石川県内を流れる多くの河川は、白山山地より自然の恩恵を受けています。
いしころガイネは、その河川で生まれた石ころの妖精であり、石川県内で使われる「いいがいね!」という方言から名付けられました。
地元の伝統文化やすばらしい施設を再発見するために、冒険へと出かけます。

 

いしころガイネと
はくさんきょうりゅうパークしらみね

白山市にある「白山恐竜パーク白峰」を舞台に、発見と出会い、施設の魅力、白山手取川ジオパークの一部を紹介しています。
本書には、お子さんの年齢や興味に応じて、付録として専門的な用語などを紹介した【大人のための解説書】がついています。
親子で一緒に学習できる一冊でもあり、施設を訪れるきっかけになればと思います。

出 版  株式会社 栄光プリント
監 修  白山市教育委員会、白山手取川ジオパーク推進協議会

ご注文はこちら

いしころガイネとおおのからくりきねんかんいしころガイネと
おおのからくりきねんかん

いしころガイネの冒険・第2弾は、金沢市大野町にある「大野からくり記念館」が舞台。
新しい出会いと発見がガイネを待っています。
付録として、絵本に登場する人物やからくりなどを詳しく紹介する解説書もついています。
親子で一緒に楽しく学べる一冊でもあり、施設を訪れるきっかけになればと思います。

出 版  株式会社 栄光プリント
監 修  石川県金沢港大野からくり記念館

ご注文はこちら