メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)とは…

メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)とは、よりよい社会環境づくりを目的として、高齢者や障がい者(弱視・肢体障がい・色覚障がい)、子どもや外国人など全ての人々に正しく情報を伝えるために、読みやすく、見やすく、使いやすいことを目指して作られるメディアのことです。

フォント(文字)・色・デザインの使い方を考慮し、障がいの有無や年齢、性別などに関わらず、ありとあらゆる人にとって馴染みやすく使いやすいデザイン。つまりユニバーサルデザインとは、すべての人がストレスなく社会生活をおくれるように考えられた、生活に密着したデザインなのです。

例えば、シャンプーのボトルに入ったギザギザの突起や、ボタンの大きなリモコン、段差のない建物等、様々なユニバーサルデザインが生活の中で活かされています。

主にプロダクトや建築物を連想しがちですが、印刷物やサイン等の『情報』に対してもさまざまなユニバーサルデザインが必要とされているのです。

MUDに関する詳細はこちらのPDFをご覧ください

誰もが違和感なく、見やすい印刷物をめざして

栄光プリントは、誰もが安心して使うことができるメディア・ユニバーサルデザインの思想に基づき、人にも社会にもやさしい製品づくりに取り組んでいきたいと考えています。

何を伝えたいのか、どう伝えたいのか、情報の優先順位やカテゴリー分けがきちんとされているか。一目ではわかりにくい情報も少なくありません。

奇抜なデザインが優先されすぎてしまうあまり、ハンディキャップをもっていない人にとっても見づらい物もあります。

情報を整理し、目的にあった的確な手段で伝える、そういった情報のユニバーサルデザインを私たちは提供いたします。

栄光プリントが目指すMUD

お問い合わせ