電子書籍の楽しみ

電子書籍の楽しみ自分の原稿を形にしたいと思うとき、一番に思い浮かぶのは紙の本です。本の重みやインクの匂い、紙の手触りやページをめくる感触…自分の本を手にする喜びは、計り知れません。これらは読書の楽しみのひとつでもあり、これからももちろん大切にしていくべきものです。

それに加えて、「自分の原稿を多くの人に読んでもらいたい」「他の人の意見や感想を聞いてみたい」と望む方もおられることでしょう。そういった場合には、電子化することで幅広い人に読んでもらうことができるようになります。まさに新しい本の形といえるでしょう。

栄光プリントでは、電子書籍の分野にも積極的に取り組んでいます。興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

近年注目の電子書籍

その魅力はパソコンやスマートフォン、などさまざまな端末で、場所を選ばず閲覧できる事です。
コミックや小説だけではなく、リファレンスと言われる辞書などを中心に多くのコンテンツが提供されています。

端末もiPadに代表される多機能タブレットだけではなく、
Sony、Shape、Kindle、楽天など各社が安価な専用端末を発表しています。

しかしデータ形式はTopaz、EPUB、MCBook、.book、PDF、XMDF・・・など
各社各様の状態で過渡期いわざるを得ない現状です。

栄光プリントでは日々変化する電子書籍の動向を見ながら、
お客様のご要望、環境などにあわせて、一緒に最適のプランをご提案していきたと考えています。
是非ご相談ください。

電子書籍端末

プラン・料金

当社で制作した書籍や電子出版物はご希望に応じ無料で、
日本自費出版ネットワーク運営する「自費出版デジタル」の電子図書館や、電子書店に掲載させいていただきます。

自費出版デジタル   http://www.jsjapan.net/dg/index.html

▶参考価格
PDF形式・1冊(〜500ページ)/30,000円〜

 
お問い合わせ