自分史フェスティバル2014

長く自費出版に関わる仕事をさせていただいています。エッセイ集や、小説、歌集や句集、写真集・・・。どれもが思い出に残る仕事で、著者の方々との出会いから始まるお付き合いに多くの学びを得ています。

内容を振り返ってみると、それぞれがいろんな形で自分史になっています。しかし純粋な自分史が思いのほか少ないのも事実です。そんな時、東京で開催される、自分史活用推進協議会のイベント「自分史フェスティバル2014」の開催を知り、興味津々で参加してきました。

8月12〜13日の2日間のべ17時間に15本のセッションがありました。その中で興味のある6つのセミナーを受けてきました。私がアドバイザーをしている、NPO自費出版ネットワークでは、商業出版では取り上げられないが、後世に残すべき作品、自費出版ならではの作品を、安心して制作できるお手伝いとアドバイスをしています。

しかし今回のイベントでは純粋に自分史を書くことの意義と方法、そしてその魅力を、さらにいうなら自分史の活用を考えるステージでした。この団体、設立してまだ数年とのことですが、80名のボランティアスタッフに支えられ、2,000名が参加したと聞いています。エンディングは作家の立花隆さんが著書「自分史の書き方」(立教大学セカンドステージでの講義をまとめたもの)を題材にしての講演でした。正直なところ軽いカルチャーショックです。

団塊の方を中心に自分史に対する関心は想像以上に高いものです。自分史アドバイザーの資格も取り、いずれこのセミナーで学んだことをまとめて、自分史の魅力と書き方、自費出版について金沢の皆様にもご紹介したいと思っています。