文字の食卓

毎日仕事でたくさんの文字に囲まれていますが、いつのまにか昔ほど書体(フォント)に拘りを持つ仕事が少なくなって残念に思っていました。そんな時出会ったのが「文字の食卓」青木香子著(本の雑誌社)。

「石井太明朝オールドスタイル」は、微炭酸の文字。「タイポス」はスパイスの文字・・・など、様々な出版物で使われてきた書体を「味覚」で表現するユニークで秀逸なエッセイ集。今ではほとんど使われなくなった写植書体を満載した、フォント好きにとても気になる一冊です。

思えば30年前、入稿した原稿に書体の指定、級数や割り付けをし写植屋さんに組版を依頼するのですが、今のようにデジタル組版がない時代。簡単には修正が出来ないので大げさに言えば命がけで指定をしていたことを思い出します。「写研」や「モトヤ」「リョービ」「秀英」etc。ページをめくると次々に懐かしい書体に再会し、当時の仕事が蘇ってきます。流せばさっと読める本なのに、何時間もかかってしまいました。(笑)